menu

タイル張り下地処理

タイル張り下地処理 目荒らし工事

外壁タイルの剥離・剥落は、死亡災害となった事例もあり非常に危険です。タイルの剥落は、タイル自体が剥落する事は稀であり、殆どは躯体コンクリートとタイル下モルタルとの界面での接着不足に起因します。この界面の接着力を高めるためには、躯体コンクリート面に最適な目荒らしの施工をする事が可能なウォータージェット工法が最適です。

超高圧洗浄は危険が伴う作業です。安全を確保するには、知識と経験が必要となります。アシレの目荒らし施工は、経験も知識も豊富なスタッフにより、安全かつ迅速に施工を行います。技能試験に合格した「洗浄技能有資格者」が施工にあたります。

高圧洗浄作業車

  • 仕様書に応じた3種類の工法

    タイル下目荒らし工事は、大きく分類すると、50Mpa温水高圧洗浄工法と、150Mpa超高圧洗浄工法の2種類があり、仕様書に応じた施工が可能です。超高圧洗浄工法に関しては、JSS工法・刷毛引き工法、また高強度コンクリート案件に関しては、200Mpaでの施工も可能な為、あらゆる現場に完全対応できます。

  • 臭気・振動の発生“0”

    他のタイル下目荒らし工法と異なり、水だけを使用し施工する為、臭気の発生や振動がなく廃材の発生もないので環境に優しい工法です。

施工例

超高圧洗浄作業車

  • 最高圧力:150Mpa

  • 最高圧力:220Mpa