menu

光触媒コーティング

セルフクリーニング効果の光触媒で美観を維持

ビル・住宅タイル外壁用光触媒コーティングは、新築時や外壁洗浄後に施工することで、メンテナンスが画期的に簡単になり、美しい外観を保つことができるコーティングです。二酸化チタンのコーティング層は親水基を生じ、水を最優先して壁面に近づけようと作用。水を外壁と汚れの間に潜り込ませ、自動的に洗い流す効果を生み出します。

このセルフクリーニング効果と汚れを分解する効果の相乗効果で、メンテナンス回数も減り、クリーニングコスト削減が実現します。

ビル・住宅タイル外壁用光触媒コーティングの特徴

一度コーティング施工すれば、雨が降るたびに外壁の汚れを自動で落とします。定期的なメンテナンスが不要になり、その経済的効果は大きなものとなります。外壁洗浄を施工する際に、併せて光触媒コーティングの施工をすれば、足場の組み立てと撤去の費用が一度で済み、さらにコストダウンにつながります。(株式会社アシレは「光触媒TOTOハイドロテクトコート」の認定施工店です)

  • 美しい外壁を長期間維持

    無色透明のコーティング層なので、新築時やクリーニング後に施工することで、美しい外壁そのものを維持することになります。

  • タイル外壁に大きな効果を発揮

    ビルやオフィス、商業施設などでも多く使われる外壁用建材のタイルに効果を発揮します。ラスタータイル、ブライトタイル、マットタイル、無釉タイルでも施工可能です。

  • 太陽光を利用する環境技術

    光触媒は太陽光のチカラを利用する技術です。紫外線が有機物を分解してくれるためカビの発生がなく、親水基が生むセルフクリーニング効果とともに、電力などのエネルギーを必要としない環境技術です。わずかな太陽光でも作用する作用します。

施工の有無でこんなに違う!メンテナンスコスト

<比較条件>
  • 外壁タイル洗浄費=2,000円/m2(足場組・洗浄材費含む)※都内某所の一例
  • ビル・住宅タイル外壁用光触媒コーティング費用=2,600円/m2
  • 対象工事面積=5,000m2 建物寿命40年
  • 新築5年目に最初の工事を施工
  • 通常は5年に1回洗浄。コーティングは5年目に実施し、以後15年ごとに洗浄・塗装を実施。35年目は残り5年のため、洗浄のみとする。

排気ガス洗浄テスト

施工事例